FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-08-10(Mon)

Surlyブレーキ強化月間 その2

ご無沙汰ですぅ 怪しげボーズの村田です。
今日は前回の続きでゴザイマス

まずは旧サーリーさん
ホイールとフロントフォークを取り外します。
その1 旧前景

旧サーリーさんのフロントフォークはVブレーキ専用です。
ですので今回のディスクブレーキは取り付けることができません
ので、新しくディスクブレーキが使用できるフロントフォークを購入しました。
このフォーク、メーカーはもちろんサーリーです。
僕のフレームの兄弟みたいなフレームの交換用のフォークです。
フォーク下から上へ

さっそくブレーキを組みつけます。
アダプターもブラックでかっこいいです。
取り付け状態

次はローターです。
ブレーキはこのローターを挟むことで制動力を発生させています。
ローターをホイールへ組みつけます。
おや、取り付けボルトが赤いですねぇ
ローター取り付け


アップにするとこんな感じ。
ただ赤いわけではなくて、ブランド名の”ASHIMA”の文字。
Goodですね
ボルト拡大

あとはささっと組み立てて完成。
ブレーキの調整はすごく簡単です。
油圧のブレーキとは違い、左右のパッドを独立して調節することができますので、
初めての方でも簡単に覚えることができます。
油圧だと簡単なシマノであっても、やっぱり気合いが必要ですからね。
フレーム取り付け

あとは取り外したフロントラックを取り付けます。
思えばアメリカいくべ!!ってなってからの付き合い。
雨に打たれたりで結構くたびれてきています。
フロントラック

そして、取り付け金具の先端が折れています。
これは野宿生活に入ってすぐのことで、3年前?とかですね。
すぐにステンの板を買ってきて、補強しました。
フロントラック破損部分

補強に使った板も3年ですので結構汚れていたりします。
ちょろっと磨いておきます。
フロント自作板
 
という感じで無事Surlyのディスクブレーキ化完了です。
もう、取り付けてしばらくたちますが、効きは良好ですね
長いブレーキングでもしっかり効いてくれます。
ちょっとキーキー言いますが、しっかりとした制動力を維持してくれているのでヨシとします
このままリアブレーキもディスクに!!!、と行きたいところですが、
フレームがVブレーキしか対応していないので、それはできない感じですね。
もうそろそろサーリー2代目を考えています。
もちろんディスクブレーキ対応です。
うーん お金がナッッシングだなぁ
スポンサーサイト
2015-07-29(Wed)

Surlyブレーキ強化月間 その1 能書きタレ男

おひさしです。
にわか雨に降られ、夏が来たなーとぼーっと考えています。
今日はというかもう数日前の話なんですが、
僕の自転車のサーリー ロングホールトラッカー=Surly LHTのUpグレードのお話です。
 
僕の車体LHTはもともとVブレーキ専用の車体です。
まぁ世界中で補修パーツ、
互換品がごろごろしてますから旅においてはNICEな選択なのです。
でも、でもでも
やっぱりなんとなく効かないカナー?とか長い時間のブレーキでシューが焼けたり
なんだかなーって
ブレーキ本体を変えてみたり、ブレーキシューを変えてみたり
いろいろやってきましたがまぁこの釈然としない感じ
 
といったら、そりゃディスクブレーキでしょ
最近はMTBには標準搭載されて、機械式も進化を遂げてきたこのディスクブレーキ。
劣悪な環境でもしっかり効いてくれる。

ディスクブレーキはホイールに固定されている円盤(ディスクローター)を
ブレーキ本体で挟み込むような構造になってます。
ブレーキローターを実際に挟むのは”ブレーキパッド”というパーツで、
このパッドを何とかして押し込むのです。
その方法はおっきく2つで油圧式で動かすのか、ワイヤー(機械式)で動かすかです。
油圧式は今回使わないので説明しません。
油圧式は高いのね 価格が…
でぃすく

で、機械式にもまーた2種類あって、
両側ピストンなのか、片側ピストンなのかって奴
さっき書いたようにディスクローターを左右のパッドで挟んでいるんだけど、
ブレーキを握ったときに、左右両方が動くのが両側ピストンで、
片側しか動かないのか片側ピストンです。
NEW機械式
こんな感じ
片側でナイスタッチを得ようとするとシビアーな調整だったり必要で、
トライアルならまだしもロードやらホイールを頻繁に付け外しする車体だと、
その度にまた調整しないとだめだったり
ま、ものぐささんにはオススメできないんですね。
 
で、まぁ長くなりましたが
今回はその両側ピストンのディスクブレーキを選びました。
ちなみに油圧ですが、MTBとかのハンドルだったら意外と安かったりします。
ロードのあのドロップハンドルだとブレーキレバーが高価なので今回は見送りです。
やらかしたときも面倒ですからね
長くなったのでこの辺でいったん切ります
今度のツーリング企画の試走の帰りにお店で書いてるんですが、
日が暮れてきたので帰ります。
最後にチラ見せ
今回取り付けたブレーキ
TRP社の機械式ディスクブレーキの”SPYRE”です。
IMG_4263-1.jpg
2015-06-17(Wed)

80キロ+αツーリング(の下見)

ご無沙汰しとりやすぅ
ここ数日かなりアクティブなゲーミング、自転車バカの店員Mです
今日は次回個人的に企画しているツーリングの下見のツーリングしてきましたぁ
 
発端は初ツーリングで前方宙返りを披露して下さって、
しばらく怪我でお店に来れなかった某お客さんとの会話ですね
 
つい先週も、ツーリングしたばかりなんですけどね~
まぁ、店員が旅バカなので仕方がないかも?
 
普段は一人でバカしてるんですけど
最近店長とかを嗾ける楽しみを覚えたのでね(鬼
 
では本題
コースとしては四川ダムを登ったあと岡山の井原にある”天神峡”へ行きます。
で、その後は南下して行き、笠岡の道の駅”ベイファーム”へ行きます。
んで、あとは2号なり何なりで芦田川まで行ったら遡上してちゅう吉へ。
全長は今日走った感じでは大体90キロ行かないです 80ちょっとですね

DSC_0527.jpg
まずはご存知?の四川ダムへの登り口です。
数多の猛者がここで鎬を削るそーです
僕?いやーそういう感じじゃナインで(ハハハ

DSC_0528.jpg
さぁグイグイ登り始めますよん

DSC_0532_20150617192032222.jpg
すでに心が折れかける人が出てきそうな橋の前
中央左によく見ると展望台があり、そこから右斜め上へと山の切れ目が確認できます
ハイ、ソコ ノボリマス ダイジョウブ イケマス

DSC_0533.jpg
ということで橋の先ちょっとで四川ダム本体です
まだまだ序の口でゴザイマス
このダムの上には池がありまして、その池から流れてくる水の量と、
ダム自体の放水の量は一致するように作られているそうです
非常時はゴリゴリ水を溜めて下流を守ります。

DSC_0538.jpg
ダムを越えると、ダム上流の池から流れる川に架かっている橋があります。
ちなみに僕は左手のコンクリでできた水路?に住みたいです。

DSC_0539.jpg
橋の右手には四川ダムが見えますね
まだまだ頂上はさきなんですよね~

DSC_0540.jpg
橋を渡るとT字路です。
絶対に右折です。僕はここで左折してしまった方を知っています。
道も悪いです
右折ですからね

DSC_0541.jpg
右折後は降りです。
休むもいいです。攻める際は先がごりっと左カーブですので歩行者、
インを攻めてくる2輪、4輪に気をつけてください
この先から地獄始まります
ガンバラナイト ハァハァ…オエェ

DSC_0543_20150617191915052.jpg
中間地点の展望台
タイムアタックのときは見向きもされず、
降りではスピードが出るところなのでスルーされる不遇の存在。

DSC_0545.jpg
反対に周ると登れます。
階段のしたに奇妙な構造(デコボコ)がありますね。
ちなみにこれには意味があるんです。
何かは行ってから自分で確認してみてください。
へぇ~へぇ~ってなります。
ちなみにこの展望台付近から登りが地獄地獄地獄です
普段はこれを見ている余裕なんてナイデス

DSC_0546.jpg
何とか登ってきて、ちゅう吉タイムアタックのゴール地点です。
いつもは休憩して、下りますが今日は右折ですぅ

DSC_0547.jpg
そーいえばココ神社ありますよね
この先20メートルくらいギャン登りです
地味にキマス

DSC_0549.jpg
おー トトロいそーデス

DSC_0551.jpg
418号線をひたすら降っています
ここで流れるように直進しないように
ぐるりとUターンします

DSC_0552.jpg
ひたすら降り~~~~
道が狭く、石がちらほらなので速度は抑え目ですぅ

DSC_0553.jpg
降りきるとT字路
まだ福山には帰りません
THE左折

DSC_0554.jpg
新七曲とんねる~
夜は怖いです
コワカッタデス

DSC_0555.jpg
よーこそ山野へ~
ここがミニベロ スピードマスターを生んだ地です
内輪でしか分からないでしょうがお店にきたら説明しますぅ
700C乗ったらイイノニ(禁句)

DSC_0557.jpg
しばらく行ったら芳井方向へ行きます
山野峡もありますが今日は行かない ウン イカナイ

DSC_0560.jpg
トンネルの工事中
トンネルを掘る方法のひとつにシールド工法があって
それ用の機械があるんですよ”シールドマシン”ていうそーです
 
でそのマシンはそのトンネル専用設計なんだそーで
掘りながら、壁を貼り付けて行くスンゴイマシン

掘り終わったら、横穴掘って埋められたり、トンネルの一部になるそうな
トンネルはシールドマシンのお墓でもあるんですね
あ~ロマン

DSC_0561.jpg
おー目的地のひとつ
天神峡へとうちゃーく
ここいらで休憩ですかね

10301460_668750303260210_7437246020221838515_n.jpg
ウーム Surlyいいね カッコイイネ イイネイイネ
自画自賛

DSC_0564.jpg
赤い橋~
ちょっとダンプの往来スゴイ コワイ

DSC_0566.jpg
はしー の しょーめん

DSC_0568.jpg
人間スゲー 山が抉れている!!

DSC_0571.jpg
峠のテッペン?
このさき きのこ 注意!!
地元の人間には分かるよね
僕は最初聞いたとき 冗談かと思いました

DSC_0572.jpg
イエァ 笠岡イン!!
車多くて・・

DSC_0573_20150617191540923.jpg
商店街?
やっぱメイン道路から離れるとたのしーね
往来の人がいるからスピードは出せないけどね~

DSC_0574_20150617191539d2d.jpg
やってきました 干拓地
ここにはちゅう吉福山店がサポートしているBMX軍団が練習をしている
太陽の広場がありますぅ
たぶん今日も練習していたんだろうなぁ~
寄ればよかったかな

DSC_0576.jpg
そして最終目的地へドーン
あえて、建物を写さない(ニヤ
某道の駅です

ここからの帰り道はどーしようかなー
とりあえず2号から一本入ったところをたどって芦田川へ出て、
ソコから遡上して、ちゅう吉がいいかなぁ
182とかのメイン道路はやっぱりアカンかったわ~
 
今日のまとめ
シールドマシンはゴイスー
でわまた


2015-01-19(Mon)

おひさし おひさし

お久しぶりです
てんやわんやの村田です。

2015年始まりましたね
みなさんいかがお過ごしでしょうか

ちゅう吉福山はちょっと(かなり?)ごしゃごしゃしてます。
1月の第一週の終わりくらいから店長がなぞの高熱等でDownしまして
今も病院で療養中です。

僕は僕で、今までやったことのない発注やら問い合わせやらで
ポテンシャルオーバーのキャパオーバーでなんとかかんとか営業してますぅ
すべてネット発注だったらイイノニ・・・イイノニ・・・
先週はほとんどお店に住んでいる様な感じになってました。(そして今週も

月曜日はいつもの水曜定休に加えて”臨時定休”という感じにして、
営業日では間に合わない発注や修理、組み立てをやってます。
某メーカーの車体はこんなときに限って謎不具合で、
今日もほとんどの時間はその整備調整です。
ようやっといい感じになったのでうむうむ。

ちゅう吉軍団もMTBを中心に小さい怪我や骨折系まで、
ちょいちょい怪我をしている方がいますので
皆さん気をつけてください

先日ロード軍団は最上稲荷へツーリングに行って
↓こちらをいただきました↓
DSC_0388.jpg
ありがとうゴザイマス
これで店長はマッハで回復することでしょう

そして、あんまりお店は関係ないですが、
MTBやロードの洗浄サービス勝手に始めます。
500円で全体を水で洗って、チェーンやスプロケットの洗浄、その後各部に注油します。
希望のオイルがあれば持ち込んでいただければそれを使います。
持ち込みなしの場合は”ヴィプロス グレサージュ”か”プロテクタ スプレールーブ”を使います。
基本的に僕がお店を休んでいるとき作業しますので月曜日、水曜日に洗車します。

というわけで皆様2015年 ちゅう吉福山店とアホな旅人店員村田をよろしくお願いします。
今年はブルベにちゅう吉で参加してくれる人がちらほらいてうれしいです。
2014-05-21(Wed)

結局ここまでですか・・・ブルベ!

ハイハイ こんばんは深夜3時の村田です
いや、根性なしの村田、貧脚野郎村田、口先だけの村田、
もうなんとでも呼んでください……

今回のブルベ300キロ
途中でDNFでしたから・・・・

理由という理由は特に無かったです・・・
ひざが痛いだの、ペース維持できなくなっただの、
言い訳でしかないっすなぁ

前半は時速20後半から30キロペースで集団について行き、
十分な休息もとりながらだったのですが、
途中からひざが痛くなりだして、そのままDNFという流れでした。
最終的な停止時間、休憩時間も加味した平均時速は14キロ程度。
最悪のクリア条件は平均時速15キロなので全く足りてないという感じです。
(20時間あるので 時速14キロ×20時間=280キロ 300に20キロも足りないという結果)

そもそもの間違いは
前日に時間がありすぎて暇つぶしで計算したペースに、
あわせてしまったことですかね。
そんなにうまくいくわけではないし、計算上1時間休憩するところを、
30分程度で切り上げることで平均時間の底上げを狙った結果、
膝さん大激怒&余裕の無い走りで疲労してしまいました。

とりあえず400キロにもエントリーしてますので
400キロは完走を目標とせずとにかく、
「制限時間である27時間の間は走る!」
これを目標にして走ることにします


27時間のスポーツイベントってなかなか無いよねぇ~
プロフィール

MURATA

Author:MURATA
大学1年生のとき自転車に興味を持ち、
GOODな自転車屋に出会い、旅に目覚め
大学を1年休学し、世界を、地球を走り倒しに行こうとたくらんでおります。
が、挫折して再チャレンジを虎視眈々と狙いながら自転車屋ちゅう吉福山店で店員見習いやってます

リンク
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。